FC2ブログ

元稲荷古墳

今回は京都府向日市に所在する元稲荷古墳のご紹介です。前回、ご紹介した向日神社の背後に存在します。元稲荷古墳はこれまでに数回訪れたことがありますが、久し振りの再訪です(2019年9月撮影)。

向日市文化資料館入口脇には、この古墳の石室天井石が展示されていました。
元稲荷古墳の石室天井石

元稲荷古墳は全長約94mを測る前方後方墳です。公園として保存されています。
元稲荷古墳
元稲荷古墳

前方部から撮影した後方部です。
元稲荷古墳

こちらにも石室の天井石が展示されていました。
元稲荷古墳

後方部から撮影した前方部です。前方部は平坦に延びて、先端部がやや高くなります。
元稲荷古墳

後方部の墳頂です。何かの施設があります。実は昭和年間に水道施設を造る工事の事前調査で発掘が行われ、埋葬施設である竪穴式石室が後方部で確認されました。石室内は盗掘されており、銅族や刀剣類、工具類片がわずかに遺存しているに過ぎませんでした。おそらくは銅鏡も副葬されていたはずで、それがどのような種類の鏡であったのか興味があります。
元稲荷古墳
元稲荷古墳

これまでは五塚原古墳に先行するものと考えられていましたが、出土埴輪等からこの関係が微妙になってきたようです。そうだとすると五塚原古墳に先行する前方後方墳が他に存在する可能性も残るのではないでしょうか。
元稲荷古墳
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
東日本の前方後方墳は特徴のある土器形式を伴うので埋葬者の出自を推定する上で参考になりますが、畿内、西日本の場合はどうなんでしょうね。同じ墳形でも築造時期が明確化が出現ストーリーを考えるうえでも重要だと思います。この古墳も発掘成果が書籍で販売されていますが入手できていません。畿内の前方後方墳に特化した形で纏めて分析した書籍があればと思いますが、いい本はないですかね?

Re: No title

形名 さま

こんばんわ。

ご訪問&コメント頂まして、有難うございます。

畿内及びその周辺では前方後円墳と前方後方墳は同時期か、もしくは前方後方墳が後出して築造されるというのが一般的な見解のようです。ただし、東日本では前方後方墳が先行して築造される例がとても多いように思いますが、そうでないものも近年、確認されつつあります。

在地の土器とは異なる他地域の土器が出土しても、それが埋葬された方の出自と一致するかは、なかなか難しい問題だと思います。

書籍については、私の勉強不足でなかなか思いあたりませんが、広瀬和雄氏の『前方後円墳の世界』岩波新書などは趣旨から外れるかもしれませんが、お勧めです。
プロフィール

kame-naoki

Author:kame-naoki
カメさんと遺跡巡りが趣味のおじさんです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
にほんブログ村
フリーエリア
リンク