FC2ブログ

与謝野町立古墳公園

古墳公園には、はにわ資料館も併設されています。
はにわ資料館

埴輪にも色々な種類があるのですね。改めて感じました。
はにわ資料館鴫谷東3号墳出土鞆形埴輪
はにわ資料館鴫谷東3号墳出土家形埴輪
はにわ資料館鴫谷東3号墳出土蓋・冑形埴輪
はにわ資料館鴫谷東3号墳出土水鳥形埴輪

こちらは蛭子山1号墳の舟形石棺の全体像がわかるパネル写真です。
はにわ資料館蛭子山1号墳石棺と埴輪列

園内には資料館、古墳群の他にも移築古民家や古墳出土石棺、復元住居等も展示されています。
いろりの館

復元住居は老朽化により、最近解体されたそうです。
古代住居

こちらは近年発掘調査が行われた由里1号墳出土の箱形石棺が移築されています。内面に朱が認められます。奥にあるのは蓋石です。石棺内からは2体の人骨が出土したそうです。
由里1号墳石棺

資料館でははにごんがお出迎えしてくれます。ちなみに、はにごんの命名はかの、まりこふんさんだそうです。
古墳公園はにごん

以上、蛭子山古墳群と作山古墳群についてご紹介してきました。両古墳群は墳丘規模において大きな違いがみられます。中でも蛭子山1号墳は圧倒的な大きさです。埋葬施設には舟形石棺が直接埋納されており、一方、作山1号墳では弥生時代以来の伝統的な箱形石棺が使用されています。

蛭子山1号墳には近接するように方墳2基を築造していますが、作山古墳群では1・2号墳の周溝やその付近に埋葬された方のお墓に寄り添うように土器や埴輪を転用した棺や木棺を直接埋納した施設が多数確認されています。

蛭子山古墳群と作山古墳群ではこのようなところにも大きな違いが見られ、作山古墳群は地域の伝統的な有力者の墓地、蛭子山古墳群はそれらとは別系統のもっと広範囲の地域を治める有力者のお墓という見方もできるのかもしれません。

少し慌しい見学となりましたが、とても素敵な公園だと思いました。でも東京からだと随分遠いですね(笑)。ちなみに写真では加悦町古墳公園となっていますが、現在は与謝野町に町名が変更となっています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kame-naoki

Author:kame-naoki
カメさんと遺跡巡りが趣味のおじさんです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
にほんブログ村
フリーエリア
リンク