FC2ブログ

捏造事件

捏造事件がおきてから、もう10年以上が過ぎました。

それまでは考古学ブームで、本屋さんに行っても専門書コーナーが充実していたり、博物館等でも多くの展示やイベントが行われていました。気のせいか、事件以後は本屋さんでも隅っこの方に追いやられ、規模も小さくなったように思います。全盛期に比べるとイベントも減りました。

私もその頃、関西方面で調査をしていましたが、調査をしていると道路際のタクシーから運転手さんが「捏造しているの?」と言われたことがあります。某県の埋蔵文化財センターの調査員の方からも地元の小学生から同じようなことを言われて辛かったとお聞きしたことがあります。

また遺跡の調査にはじめて携わって、できればずっとやりたいと言われていた方が、この事件を契機に辞めてしまったということもありました。事件の後遺症は計り知れないものがあります。

もちろん個人の責任だけではないと私は思います。この問題が沈着化しつつある頃に、奈良県明日香村高松塚古墳の石槨(遺体の棺を入れる部屋)に描かれた壁画の解体作業が問題となりました。岡山県でも同様な問題が明らかとなっています。写真は石槨解体後の高松塚古墳の姿です。無残な土の固まりと化しています。

高松塚古墳

また、今年の東北関東大震災でも多くの文化財が被害をうけています。まさに考古学受難の時代かもしれません。もし、遺跡が語ってくれるとしたら、こうした現実に何と答えてくれるでしょうか。
スポンサーサイト
プロフィール

kame-naoki

Author:kame-naoki
カメさんと遺跡巡りが趣味のおじさんです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
にほんブログ村
フリーエリア
リンク