FC2ブログ

伏見稲荷大社 後編

山頂から帰路に向かいます(2019年9月撮影)。

二ノ峰中社青木大神です。
伏見稲荷大社
伏見稲荷大社
伏見稲荷大社

鳥居をくぐり三ノ峰に向かいます。
伏見稲荷大社

三ノ峰下社白菊大神です。
伏見稲荷大社
伏見稲荷大社
以上、ご紹介した一ノ峰は古墳時代の円墳、二ノ峰は前方後円墳、三ノ峰は円墳を改変してお塚が築かれており、銅鏡や玉類が出土しているそうです。

本殿に戻る途中にもたくさんのお塚があります。竹製の鳥居です。
伏見稲荷大社
伏見稲荷大社
伏見稲荷大社
伏見稲荷大社

三ノ峰展望台からの景色です。
伏見稲荷大社

本年も当ブログにご訪問頂きまして、有り難うございました。皆様、良いお年をお迎え下さい。
スポンサーサイト



伏見稲荷大社 中編

いよいよお山巡り開始です。この辺になると、参拝者もほとんど見かけなくなります(2019年9月撮影)。
伏見稲荷大社

神宝神社です。
伏見稲荷大社

境内のたけのこ石です。
伏見稲荷大社

社殿です。
伏見稲荷大社

竹林をみながら進みます。
伏見稲荷大社

途中には民間信仰の塚が数多くあり、信仰の空間となっています。
伏見稲荷大社

山頂の一ノ峰上社末廣大神に到着しました。
伏見稲荷大社

ご神体です。何故、カテゴリが古墳になっているのかというと、この塚が実は古墳だからです。これについては、また後日ご紹介します。
伏見稲荷大社
伏見稲荷大社

恵解山古墳

仁和寺見学後、長岡京市に所在する恵解山(いげのやま)古墳に向かいます。近年整備が行われ、古墳公園として公開されています(国指定史跡)。

恵解山古墳は全長約128mを測る前方後円墳です。後円部の直径は約78mもあり、この地域では最大の古墳です。墳丘は後円部が三段、前方部が二段に築造されています。左手が後円部、右手が前方部となります(2019年9月撮影)。
恵解山古墳
恵解山古墳
恵解山古墳

後円部側から撮影したものです。
恵解山古墳

前方部の状況です。上から見ると高さがあるのが良くわかります。
恵解山古墳
恵解山古墳

墳丘には埴輪列と葺石が復元されています。
恵解山古墳
恵解山古墳

前方部から見た後円部です。墳頂は墓地となっており、立ち入ることはできません。
恵解山古墳
恵解山古墳

後円部の埋葬施設は不明ですが、前方部から埋葬施設が1基確認されています。この埋葬施設からは、大刀、剣、槍、短刀、刀子、鉄鏃、ヤス状鉄製品など約700点にも及ぶ大量の武器類が出土し、埋葬施設というよりは武器保管庫のような状況を呈しています。掘り込みが発見されると、ついつい埋葬施設と考えてしまいますが、このような例もあるということが重要だと思います。
恵解山古墳
恵解山古墳

また、この古墳にはくびれ部の東西両側に祭祀の場と思われる造り出しがあります。こちらは西側の造り出しです。
恵解山古墳
恵解山古墳

東側の造り出しは西側に比べて不正形で、水鳥形埴輪が出土しています。亡き埋葬者の魂は現世から黄泉の国へと船で運ばれるとでも考えていたのでしょうか。
恵解山古墳

五塚原古墳

寺戸大塚古墳見学後、五塚原古墳群に向かいます。途中、妙見山古墳跡周辺を訪れて見ましたが、正確な位置はわかりませんでした。

妙見山古墳は全長約114mを測るこの地域では最大の前方後円墳です。埋葬施設は発掘調査により、後円部に竪穴式石室、前方部に粘土槨が確認されています。竪穴式石室は石棺上に石室を構築するという珍しい構造で、副室も設けられていました。副葬品には後円部の埋葬施設から甲冑、玉類、紡錘車形石製品、筒形銅器、銅鏃、粘土槨から三角縁神獣鏡などが出土しています。これだけの内容をもつ古墳でありながら、昭和年間に土取り工事により、削平されてしまいました。こちらは向日市文化資料館に展示されていた妙見山古墳埋葬施設のパネル写真です。
妙見山古墳

五塚原古墳に向かいます。
五塚原古墳

公園に隣接して保存されています。全長約91mを測る前方後円墳です(2019年9月撮影)。
五塚原古墳
五塚原古墳

以前は墳丘に登ることができたようですが、訪れた際には柵が設けられ、立ち入ることはできませんでした。保存状態が良いとのことなので、個人的には残念ですが、やむを得ないことだと思います。
五塚原古墳

継続的に発掘調査が行われているようで、平成30(2018)年には後円部で竪穴式石室が確認されています。中世には何らかの祭祀が行われていたようです。以下は向日市文化資料館に展示されていた資料です。
五塚原古墳
五塚原古墳

それにしても巨大な円筒埴輪です。
五塚原古墳

古墳周辺からの景色です。
五塚原古墳周辺より

伝高畠陵古墳

今回は伝高畠陵古墳のご紹介です。第50代桓武天皇の皇后陵として宮内庁によって管理されています(2019年9月撮影)。直径約65mを測る古墳時代前期の円墳と推測されています。周辺から埴輪円筒棺が確認されているそうです。
伝高畠陵古墳
伝高畠陵古墳
プロフィール

kame-naoki

Author:kame-naoki
カメさんと遺跡巡りが趣味のおじさんです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
にほんブログ村
リンク