船田古墳

多摩御陵を参拝した際に、船田古墳まで足をのばしてみました(2015年12月撮影)。

団地造成の際に発見され、昭和年間に発掘調査が行われました。現在は団地の一角に公園として保存されています。
船田古墳

墳丘は既に削平されていましたが、周溝の発見により直径約14mの円墳であることが判明したそうです。
船田古墳
船田古墳

埋葬施設は河原石による横穴式石室でしたが、副葬品は出土しなかったようです。埋葬施設の位置と大きさが判るように表示されています。
船田古墳の埋葬施設

市内の多くの古墳は既に破壊されているものが多い中で、保存された船田古墳は貴重な存在と言えるでしょう。


スポンサーサイト

多摩御陵

以前から訪れてみたいと思っていた、多摩御陵(武蔵陵墓地)まで出掛けてきました(2015年12月撮影)。
多摩御陵参道より
多摩御陵
多摩御陵

石砂利の長い参道を歩いて行きます。
多摩御陵参道

実は古墳は現代も造り続けられています。天皇家のごく一部の方々だけですが。古来、皇族ないしそれに関連する陵墓とされるものは全国に896もあるそうです。それらは宮内庁によって管理されています。

多摩御陵には大正天皇、昭和天皇とその皇后がお眠りになられています。ちなみに明治天皇陵は京都の伏見にあります。

まずは大正天皇陵に向かいます。墳形は上円下方墳で、皇后は少し規模が小さくなりますが、これまた上円下方という墳形を採用していることは興味があります。
大正天皇多摩陵
貞明皇后多摩東陵

次に第124代の昭和天皇陵に向かいます。こちらも上円下方墳ですが、大正天皇陵に比べて円丘部の均整がとれているように見えます。設計方法に変更がなされたのでしょうか。
昭和天皇武蔵野陵
昭和天皇武蔵野陵
香淳皇后武蔵野東陵

前方後円墳等の古墳に埋葬されていた天皇は、江戸時代には供養としてのお堂や石塔などに変わるようです。第121代孝明天皇陵になって再び古墳という形が採用され、次代の明治天皇陵になり、第38代天智天皇陵に習い上円下方墳という墳形が採用されました。以降、古墳という形と上円下方墳という祭祀が続けられています。

近年になって、墳形のお手本とされてきた天智天皇陵は上円下方墳の円丘部とされてきたところが、八角形であることがわかりました。この日は参拝される方々もおり、陵墓付近は護衛されています。古代でいうところの陵守でしょうか。日本の伝統と歴史の長さを感じることができます。

雨間大塚

雨間(あめま)大塚はあきる野市に所在します(1989年2月撮影)。あきる野市は平成の市町村合併で誕生した名称で、合併以前は秋川市でした。私はこちらの方がしっくりするのですが…。

一辺約33m、高さ約6mを測る方墳と推測されていましたが、その後の調査で周辺に周溝等は確認されておらず、測量作業等の成果からも塚の可能性が高くなったそうです。
雨間大塚

こちらから見ると塚の大きさに対してかなりの高さがあるのが良くわかります。
雨間大塚

公園内に保存され、訪れたときには桜が咲いていました。周辺は古代には牧(官営牧場)が置かれていたそうです。
雨間大塚


下布田古墳群

今回は東京都調布市に所在する下布田古墳群のご紹介です。

土地区画整理事業に伴う発掘調査や地籍図・伝承等から、13基以上の古墳から構成されることが判明しています。

古墳群は縄文時代の遺跡である下布田遺跡に隣接して存在しています。写真は狐塚古墳(下布田6号墳)です。直径約44mを測る円墳で、埋葬施設は河原石積の横穴式石室です。古墳群の中でも最終末に築造された古墳と考えられています(2007年11月撮影)。
下布田古墳群狐塚古墳

狐塚古墳は公園内に保存されています。この植え込み部分は埋葬施設の位置表示でしょうか。この時期にしては大きな古墳と思われますが、現状ではその面影はありません。現地を訪れてもはっきりと確認できるのは狐塚古墳だけのようです。
下布田古墳群狐塚古墳埋葬施設

次の写真はかなり昔に撮影したものです。メモに下布田古墳群中の1基とあるので、どの古墳かはわかりませんが、墳丘がわずかに残っていたものもあるようです(1993年10月撮影)。
下布田古墳群中の1基

狛江の古墳5 狛江古墳群~和泉支群その2

経塚古墳は狛江駅からほど近い泉龍寺北西側に位置しています。この古墳も以前はフェンスには囲まれていましたが施錠はされておらず、近くにベンチも置かれていました。直径約40m、高さ約5.0mを測る円墳です。
経塚古墳

再び訪れて見ると前面には新しい道路が走り、隣にも大きなマンションが建っていました。マンション建設の際にこの古墳は土留めをされて保存されることになったそうです。以前よりも見晴らしが良くなりました(2011年5月撮影)。墳丘上にはかつて中世の板碑が多数あり、常滑産の蔵骨器も確認されていることから、中世には墳墓として再利用されたものと考えられています。
現在の経塚古墳

経塚古墳から西方向に進むと兜塚古墳に至ります。公園化されていて狛江古墳群の中では最も保存状態が良好な古墳です(東京都指定史跡)。墳丘に立ち入ることもできます。直径約30m、高さ4.0mを測る円墳です(2011年12月撮影)。
兜塚古墳

墳丘付近には石材が見られますが、葺石ではないそうです。周溝状の落ち込みも見ることができます。公園の柵にはこんな看板がありました。犬ちゃんのお散歩時には注意しましょう。
犬看板

兜塚古墳から北方向に進むと白井塚古墳があります。直径約36m、高さ4.0mを測る円墳です。民家の敷地内ですが道路側から見学することができます。墳頂には稲荷社があります。写真は昔のものですが、現在は墳丘の手前に建物が建っていて、少し見えづらくなっているようです。
白井塚古墳

これまでご紹介してきた和泉支群の古墳は中和泉に所在しています。これらとはやや離れた元和泉には狛江古墳群唯一の前方後円墳である亀塚古墳があります。亀塚古墳についてはいずれご紹介したいと思います。
プロフィール

kame-naoki

Author:kame-naoki
カメさんと遺跡巡りが趣味のおじさんです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
にほんブログ村
フリーエリア
リンク