FC2ブログ

富士山古墳

富士山古墳は横浜市戸塚区に所在します。

古墳は臨済宗正福寺の裏山に位置しており、平成年間に発掘調査が行われました。その際、埋葬施設は確認されませんでしたが、多量の埴輪が出土し話題となりました。古墳は直径約25mを測る円墳です。富士塚として信仰の対象となっていたようです(2011年4月撮影)。
正福寺
正福寺

墓地の裏手が古墳が存在する山と思われますが、立ち入ることはできません。
正福寺より古墳方面
正福寺墓地付近より

訪れた際には周辺で開発に伴う工事が行われておりました。
スポンサーサイト

富塚古墳

富塚古墳は横浜市戸塚区に所在します。

富塚八幡宮の裏山に位置し、戸塚の地名の由来とも言われています(2008年5月撮影)。
富塚八幡宮
富塚八幡宮

古墳は全長約32mを測る前方後円墳です。発掘調査されていないため、詳細は不明です。後円部の状況です。
富塚古墳

墳裾にある石碑です。
富塚古墳「冨塚之碑」

後円部墳頂です。
富塚古墳墳頂

自然地形を巧みに利用しているようです。後円部と前方部の比高はそれほど感じません。
富塚古墳後円部より
富塚古墳前方部より

古墳があったために神社が創建され、そのため横浜市内にあっても現在まで保存されている貴重な古墳です。

軽井沢古墳

軽井沢古墳は横浜市西区に所在します。お洒落な名前ですが、あの避暑地とは関係ありません。

軽井沢古墳は全長約26mを測る前方後円墳です。昭和40(1965)年に発掘調査が行われ、調査後に墳丘は削平されています。埋葬施設は後円部のくびれ部寄りから横穴式石室が、前方部からも竪穴式石室が確認されています。左側の白い建物あたりに古墳が所在したようです(2008年5月撮影)。
横浜新道より遠景
軽井沢古墳

現在残されているのは「前方後圓墳之跡」と書かれた石碑だけです。
「前方後圓墳之跡」碑

頂上には自動車学校があります。その敷地内にはマウンドのようなものが。きっと関係ないと思います。
軽井沢古墳

兜塚古墳

兜塚古墳は横浜市鶴見区に所在します。鶴見区の古墳は、これまでご紹介したように、堂ノ前古墳、諏訪坂古墳、瓢箪山古墳などの前方後円墳やお穴さま等がありますが、古くに削平されてしまい、現状を確認できるものはほとんどありません。

そうした中で、兜塚はその痕跡をわずかに見ることができます。

歩道橋から撮影した遠景です。直径約30mを測る円墳ですが、手前の県道を建設する際に、大部分は削平されてしまったようです。陵墓伝説があったことから、昭和年間に調査され、礫床から首飾りや耳飾りが出土しています(2011年5月撮影)。
兜塚古墳遠景

太田道灌伝説も残っています。加瀬の台とは、以前ご紹介した夢見ヶ崎古墳群が所在する台地です。
兜塚古墳
兜塚古墳石碑

石段が設けられ、上に登ることができます。
兜塚古墳

草で見ずらいですが、木の根元にマウンド状の高まりがあります。
兜塚古墳墳丘

付近には浅間神社があります。
兜塚古墳浅間神社

下から見上げるとそれなりの高さがあります。古墳跡とされていますが、この高まりは関係ないのでしょうか。自然の高まりを利用した富士塚なのでしょうか。
兜塚古墳浅間神社

駒岡堂ノ前古墳

駒岡堂ノ前古墳は横浜市鶴見区に所在します。

前回、ご紹介した瓢箪山古墳と同じ台地上に位置しています(2011年5月撮影)。
往路駒岡新明社

全長約25mを測る前方後円墳とされています。古墳がある周辺は市民の森として保存されています。
駒岡中郷市民の森

残念なことに中に入ることはできないようです。この中に古墳が残されているのでしょうか。
駒岡中郷市民の森
駒岡中郷市民の森付近より

それにしても鶴見区には古墳が多いですね。開発等で破壊されたものが多いのは残念です。
プロフィール

kame-naoki

Author:kame-naoki
カメさんと遺跡巡りが趣味のおじさんです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
にほんブログ村
フリーエリア
リンク