スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堤方権現台古墳

先日、東京都大田区にある池上本門寺に行ってきました。そちらの方は後日ということで。

池上七福神の一つ樹老人像がある照栄院妙見堂後方に堤方権現台古墳は位置し、江戸時代の墓所である万両塚に隣接して所在します。写真は墳丘の一部を復元したものだそうです(2013年1月撮影)。
堤方権現台古墳

近年の発掘調査により、墳丘上部は削平されていたようですが、木棺から馬具、直刀、鉄鏃が出土しています。とりわけ馬具はセットで出土しており、都心部において貴重な事例です。

古墳を取り巻く周溝が確認されており、直径約40mの円墳と推測されています。現地では周溝の位置と埴輪のレプリカが展示されています。
埴輪出土状況

現地パネルの出土状況を見ると、埋葬された方の下半身が確認されているようです。右脚脇には武器類が、足元からは馬具が出土しています。
副葬品出土状況

また、弥生時代の集落跡も確認されており、現地で保存公開されています。左上方に見えているのが、古墳です。
竪穴住居跡

竪穴住居跡遺物出土状況

竪穴住居跡

周辺は弥生時代の大集落である久ヶ原遺跡です。時間は下りますが、堤方権現台古墳は墳丘規模や副葬品などから、かなりの有力首長が埋葬されたことは間違いなさそうです。その後、久ヶ原周辺には横穴墓が構築されるようになり、武器類や馬具など豊富な副葬品が出土しています。軍事的色彩の濃い集団の姿が見え隠れしています。
スポンサーサイト
プロフィール

kame-naoki

Author:kame-naoki
カメさんと遺跡巡りが趣味のおじさんです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
にほんブログ村
フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。