高井田横穴墓群

高井田横穴墓群は大阪市柏原市に所在します。

関西地方では横穴墓の存在は珍しく、しかも線刻壁画が多数あることで著名です。松岳山古墳(大阪の古墳参照)見学後、横穴墓群を目指します。大和川の対岸から遠望できます。中央の森が横穴墓群がある台地です(2016年2月撮影)。
高井田横穴墓群遠景大和川より

公園内に保存されています。
高井田横穴墓群横穴公園

確認された横穴墓群の一部が公開されています。
高井田横穴墓群第3支群

公園の展望所からの風景です。正面に玉手山古墳群、右方の小山が伝応神陵古墳です。
高井田横穴墓群展望所より

いよいよ装飾のある横穴墓に到着しました。奥に横穴墓が見えています。手前には線刻のレプリカが置かれています。上から羨道左壁、右壁の線刻です。複数の人物像が描かれています。
高井田横穴墓群第3支群5号墓
高井田横穴墓群第3支群5号墓羨道左側
高井田横穴墓群第3支群5号墓羨道右側

横穴の保存施設です。内部を見学できるよう照明施設もついていますが、現在は電源が切られています。実はこの横穴の線刻は崩落の危険性にさらされています。
高井田横穴墓群第3支群5号墓保存施設

何とか羨道左壁を撮影してみました。右壁は随分崩落しているようです。
高井田横穴墓群第3支群5号墓羨道左側線刻壁画

再び他の横穴墓の見学に向かいます。奥には石棺状の施設が見えています。こちらは画像を取り込んでみたら、手前の羨道両壁に線刻があるのがわかりました。右壁のは武器をしまうための道具でしょうか。
高井田横穴墓群第3支群13号墓高井田横穴墓群第3支群13号墓内部

至るところに横穴墓があります。
高井田横穴墓群第3支群12号墓付近より

この横穴墓にも玄室上部から天井部に何かも模様が見えています。また横穴を掘った際の当時の道具の跡が明瞭に観察できます。
高井田横穴墓群第2支群11号墓高井田横穴墓群第2支群11号墓内部

こちらは横穴墓というよりは、まるで古墳の石室のようです。
高井田横穴墓群第2支群6号墓
高井田横穴墓群第2支群6号墓

こちらの横穴には玄室内に2つの石棺が造り出されています。
高井田横穴墓群第2支群2号墓
高井田横穴墓群第2支群2号墓

公園内の横穴は公開される日もあるようですが、なかなか日程を合わせることは難しいですね。





スポンサーサイト

東京国立博物館

以前ご紹介した東京国立博物館平成館に展示されていたものをまとめてご紹介します(2015年10月撮影)。

まずは、岡山県倉敷市に所在する楯築弥生墳丘墓です。全長約70mを測り、円墳の両側に張出しをもつ弥生時代のお墓です。ご神体となっています。現在、周辺は史跡公園として整備されており、是非一度訪れたいと思っている古墳の一つです。
楯築神社施帯文石
楯築神社施帯文石近景

岡山県長船町本坊山古墳から出土した陶製の棺です。仏教の影響が見られます。
本坊山古墳出土陶棺

次は熊本県八代市長迫古墳から出土した石棺材です。鋸歯文が施されています。
長迫古墳石障材
長迫古墳石障材近景

福岡県八女市の岩戸山古墳から出土した石人像です。岩戸山古墳は全長約140mを測る前方後円墳で、被葬者は筑紫国造磐井と考えられており、当時の朝廷に対して反乱を起こしたことでも知られています。墳丘を守るように立てられていたようです。腰の部分には大刀が表現されています。武人でしょうか。
岩戸山古墳石人

装飾系古墳は九州地方や東北地方に多く知られていますが、本来はもっと多くの古墳にこうした装飾が施されていたのではないかと思います。

東京国立博物館には他にも石棺等が屋外展示されているようですが、確認することはできませんでした。

白山神社横穴墓

観音崎公園でも触れましたように、そういえばこの辺に横穴墓があったことを思い出し、調べてみたら宿泊先からそんなに遠くないところにあることがわかったので、訪れてみました(神奈川県三浦市所在)。

バスに揺られて白山神社を目指します。社殿奥に横穴墓が見えてきました(2014年7月撮影)。
白山神社横穴墓

少しブレていますが、天井部が屋根のように削られて梁や垂木が表現されています。
白山神社横穴墓内部

横穴内部から撮影してみました。横穴墓が造られた当時はここから海が見えたものと推測されます。海と何らかの関係がある方が埋葬されたのでしょうか。
白山神社横穴墓玄室より

横穴墓を後にしてバスが来るまで海岸に出てみました。
三浦海岸

足元を見たら、貝殻に混じって土器がたくさん落ちていました。きっと近くに遺跡があるのですね(笑)。
海岸にて土師器散布

下三輪玉田谷戸横穴墓群

下三輪玉田谷戸横穴墓群は東京都町田市三輪町に所在しています。市内では横穴墓が多数確認されていますが、確実な墳丘を伴う古墳は確認されていないようです。

何度か近くを訪れましたが、わかりづらいところにあります。この日は何とかたどり着けました。写真のような谷戸を奥に進んでいきます(2011年4月撮影)。
下三輪玉田谷戸横穴墓群往路

これまでに4基の横穴墓が確認され、大正年間に調査されているそうです。4基の中で2基に家の屋根部分を模した線刻が施されています。いずれの横穴墓も柵があり内部に入ることはできません。

こちらは1号墓です。奥の一段高い部分が遺体を埋葬する玄室だと思われます。壁面は一部剥落していますが、状態は良さげです。
下三輪玉田谷戸横穴墓群 1号墓

次は3号墓です。1号墓とは天井の構造が異なるようです。
下三輪玉田谷戸横穴墓群 3号墓

家形の線刻が認められない通常の横穴墓も2基あり、これが築造された時期差なのか階層の違いなのか興味があります。

山の根谷装飾横穴

神奈川県逗子市山の根地区には多くの横穴墓が確認されています。山の根谷装飾横穴はその中の一つで、地元の研究者である赤星直忠氏によって、山野根谷奥横穴群として報告されています(『逗子市文化財調査報告書第3集 山の根・久木』)。

横穴墓は2基から構成されますが、左側に見える草木に覆われた1号墓と呼称された横穴墓は、玄室奥に床面が一段高くなる棺座と呼ばれる施設が造り出されています。

高さ約40cmのこの棺座は、さらに石棺状に掘り込まれているそうです。おそらくはこの部分に埋葬されたものと考えられます。この横穴墓の特徴は玄室全面が赤く塗られていることです。邪悪なものを招き入れない聖なる空間だったのでしょうか。
山の根谷装飾横穴

このことから山の根谷装飾横穴として逗子市指定史跡となっています。ただし、個人の敷地内に所在するため、内部を見学することはできません。
プロフィール

kame-naoki

Author:kame-naoki
カメさんと遺跡巡りが趣味のおじさんです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
にほんブログ村
フリーエリア
リンク