FC2ブログ

謹賀新年2020

新年、明けましておめでとうございます。
昨年は当ブログにご訪問頂きまして、ありがとうございました。

早速ですが、練馬区の江古田の富士塚に参拝してきました(2020年1月撮影)。富士塚は西武池袋線江古田駅から至近距離の浅間神社境内に所在します。普段はお山開きなどの指定された日を除き、非公開となっていますが、お正月三が日は公開されています。鳥居をくぐり、社殿の奥に位置しています。
江古田の富士塚

江戸時代の天保10(1839)年に築かれたものとされ、規模は直径約30m、高さ約8mを測る大きなもので、国の重要有形民俗文化財にも指定されています。
江古田の富士塚

いよいよ山頂を目指します。塚上には天狗の石像や石碑などが祀られています。
江古田の富士塚
江古田の富士塚
江古田の富士塚
江古田の富士塚
江古田の富士塚

山頂からの景色です。
江古田の富士塚

山頂です。
江古田の富士塚

皆様にとりまして幸多き一年となりますように。本年もよろしくお願いします。


スポンサーサイト



さいたま市の富士塚

さいたま市内の古墳を見学する際に、市街地にも関わらず富士塚が遺っていることを知り、脚を伸ばしてみました(2016年10月撮影)。

まずは御嶽神社の富士塚です。与野公園のすぐ近くにあります。境内は綺麗に整備されています。
御嶽神社参道
御嶽神社富士塚
御嶽神社富士塚山頂

こちらは与野公園にある富士塚です。園内は広くてたくさんの人が訪れていましたが、富士塚の存在は知っているのでしょうか。
与野公園富士塚
与野公園富士塚山頂より
与野公園富士塚石碑

富士塚のそばにある天祖神社です。
与野公園天祖神社

最後に八王子神社の富士塚です。社殿背後に富士塚が見えています。
八王子神社富士塚
八王子神社富士塚登山口
八王子神社富士塚山頂

訪れてはいませんが、他にも富士塚はあるようです。帰路、見かけました。止まれの標識が(笑)。
商店ゴジラ―

川和富士

今回は川和富士のご紹介です。港北ニュータウン開発のため、もともとの場所から移築保存されたそうです。

現在は公園の中に復元され、市民の憩いの場所となっています(2011年4月撮影)。
川和富士

墳頂からの景色です。裾部にはミニ富士みたいなものも見えます。子供用でしょうか。
川和富士墳頂より

ミニ富士から見た川和富士です。本当にこれから富士山を参拝するような景色です。
川和富士

川和富士

池辺富士

前回ご紹介した山田富士、川和富士、池辺富士は都筑三大富士と呼ばれているそうです。この日は富士塚巡りをしてみました。横浜にこんなに立派な富士塚があるとは驚きです。

池辺富士の遠景です(2011年4月撮影)。中央にこんもりとした富士塚が見えています。
池辺富士遠景

民家の敷地内だったので、登頂はご遠慮させて頂きました。
池辺富士

近くでは桜が満開でした。
池辺富士付近桜

次回は川和富士をご紹介します。

山田富士

4月に入り、初めての更新です。

山田富士は横浜市都筑区に所在します。江戸時代の地誌である「新編武蔵風土記稿」にも紹介されています。訪れた時には桜が満開で綺麗でした(2011年4月撮影)。

駅の歩道橋からの遠景です。中央奥に桜に埋もれるように見え隠れしています。
山田富士

桜並木を歩いて登山をすると…。
山田富士

正面に山田富士が見えてきます。
山田富士

登山口は御殿場口と吉田口があるそうです。墳頂には噴火口も再現されています。
山田富士墳頂

天気が良い日には、墳頂から本物の富士山も遠望できます。
山田富士墳頂より

昔は参道に石仏等があったようですが、現在は見ることができません。
山田富士付近石仏

現在は横浜市地域史跡として整備されています。
山田富士





プロフィール

kame-naoki

Author:kame-naoki
カメさんと遺跡巡りが趣味のおじさんです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
にほんブログ村
リンク