FC2ブログ

少しお休み

パソコンが原因なのか画像が挿入できないので、しばらく更新をお休みさせて頂きます。
スポンサーサイト

山野根横穴墓群

予約投稿です。

前回ご紹介したように山の根地区には多くの横穴墓群が確認されています。市内の遺跡は赤星直忠氏によって確認され、調査されたものも多く存在します。手元に資料がないので不明ですが、山野根横穴墓群は訪れた当時の写真を見ると、9号墓まで写真があるので9基以上から構成されていたものと推測されます。横穴墓群は個人住宅の裏山に存在しています(1994年撮影、撮影月不明)。

まずは8号墓です。玄室奥に低い棺座が見えています。以前は倉庫として使われていたのでしょうか。
山野根横穴墓群

棺座から入口方向を撮影したものです。
山野根横穴墓群

次は7号墓です。こちらには棺座は設けられていないようです。
山野根横穴墓群

5号棺です。写真からはわかりずらいですが、玄室奥壁が掘り込まれ、高棺座が設けられているようです。
山野根横穴墓群

棺座から埋まっている入口方向を撮影したものです。
山野根横穴墓群

最後に3号墓です。8号墓と同じく、玄室奥に低い棺座が設けられています。
山野根横穴墓群

棺座から入口方向を撮影したものです。
山野根横穴墓群

現在、これらの横穴墓群がどうなっているのかはわかりませんが、当時は保存良好なことがわかります。また、棺座が設けられている例が多いことがわかります。熊野神社横穴墓群にはミニ横穴や同じく棺座が設けられた横穴があり、また周辺には以前ご紹介しました山の根谷装飾横穴(装飾系古墳参照)などもあり、とても興味ある地域です。

山の根熊野神社横穴古墳墓群

山の根熊野神社横穴古墳墓群は熊野神社の裏山に所在します。山の根地区には多くの横穴墓が存在するようです(1994年11月撮影)。
山野根熊野神社横穴墓群

これまでに7基の横穴墓が確認されているようですが、特徴的な何基かをご紹介します。手元に資料がないので詳細は不明ですが、こちらはミニ横穴で一番小さい横穴です。火葬しないと埋葬は困難と思われます。手前に石室の扉石と思われるものがあります。
山野根熊野神社横穴墓群

写真がブレていますが、この横穴には右手に棺座が造り出されているのがわかります。
山野根熊野神社横穴墓群

次の横穴では奥壁際が一段高く削り残されています(高棺座)。
山野根熊野神社横穴墓群

同じ横穴の玄室から入口方向を撮影したものです。
山野根熊野神社横穴墓群

この横穴の奥壁には線刻のようなものが、彫りこまれています。後世のいたずら書きでしょうか。それとも当時のものでしょうか。気になるところです。
山野根熊野神社横穴墓群
山野根熊野神社横穴墓群

現在は横穴に柵が設けられ、内部は見学できないようです。

四万温泉

群馬県にある四万温泉に出掛けてきました。ちなみに四万温泉は国民保養温泉地の第一号だそうです(昭和29年指定)。

東京駅からバスに揺られて四万温泉に到着。間もなく小雪が降り始めました(2019年2月撮影)。
四万温泉

本日の宿泊先である積善館です。本館の創建は江戸時代の元禄年間まで遡ります。
積善館
積善館
積善館

部屋に荷物を置いて、周辺を散策です。夕方近かったので、すでに閉まっているお店がほとんどでした。
積善館

宿に戻り、館内を散策します。1Fには歴史資料館があり、その前に国の登録有形文化財である元禄の湯があります。こちらは身分の高い方が宿泊された上段の間です。
積善館

本館2Fに上がる階段です。旅館は本館(群馬県重要文化財)、山荘(国登録文化財)、佳松亭からなり、それぞれの建物に温泉があります。
積善館
積善館

本館から山荘に至るトンネルです。各建物のお風呂に入るには、階段を上がり、トンネルを抜け、エレベーターに乗りと手間はかかりますが、とても気持ちが良かったです。
積善館
積善館
積善館

お風呂から上がって、夜の積善館です。とても綺麗でした。
積善館

左手一番下の建物が元禄の湯です。
積善館

翌日は帰りのバスまでの時間を利用して周辺を歩いてみました。まずは、カフェで一休みです。
粕屋カフェ
粕屋カフェ

そして焼まんじゅう(笑)。
焼まんじゅう

目指すは甌穴です。
甌穴往路
甌穴往路
甌穴往路

甌穴が見えてきました。群馬県の指定天然記念物です。
甌穴往路
甌穴
甌穴
甌穴
甌穴

それにしてもリハビリ中なので良く歩きました。

川崎の古墳27 下麻生亀井古墳群

下麻生亀井古墳群は川崎市麻生区にある月読神社境内に所在します。
月読神社

3基の古墳が確認されており、参道脇に墳丘を確認することができます。1号墳は直径約11mを測る円墳で、墳丘には石祠が祀られています(1994年2月撮影)。
下麻生亀井古墳群

2号墳は直径約17mを測る円墳で、竹林内に残されています。
下麻生亀井古墳群

3号墳は2号墳に近接して存在する直径約13mを測る円墳と考えられています。1・2号墳は良好に残されていますが、3号墳は墳丘が一部削平されてしまっています。手前に見えているのが3号墳、奥が2号墳です。
下麻生亀井古墳群

下麻生亀井古墳群の近くには3基からなる下麻生古墳群が存在していましたが、訪れたときは周辺が開発中で見学することはできませんでした。その後、発掘調査により古墳は2基の円墳からなり、埋葬施設には切石による玄室の平面系が方形を呈する横穴式石室が確認されたことを知りました。大刀や多量の鉄鏃が出土したそうです。残念なことに調査後、破壊されてしまったようです。
プロフィール

kame-naoki

Author:kame-naoki
カメさんと遺跡巡りが趣味のおじさんです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
にほんブログ村
フリーエリア
リンク