FC2ブログ

三代学校

山梨県北杜市に泊りで出掛けてきました。私の目的は観光もそうですが、温泉でリハビリを行うことにありました。

JR小海線で清里に向かいます。1時間に約1本程度の運転ですが、都心の異常さに較べると、こちらの方が普通なのではないでしょうか(2018年11月撮影)。
JR小海線

駅からタクシーを利用して三代校舎に到着です。隣接して明治・大正・昭和時代の三代の学校が復元・整備されています。
明治校舎

こちらが明治校舎(旧津金学校)です。内部は博物館のように懐かしいものが展示されていました。
明治校舎
明治校舎
明治校舎

太古の遺物だそうです。もちろん模型ですが、歴史の時間の教材だったのでしょうか。何かリアルです。
明治校舎

懐かしい給食食器です。私の世代では給食にご飯はありませんでした。
明治校舎
明治校舎

内部は階段で上がるのですが、昔の建物なので結構、急な階段です。脚を押さえつつ、最上階の太鼓楼に向かいます。階段が急すぎて上るのを諦める方々もいたようです。
明治校舎

太鼓楼からの景色です。昔の小学生もこの景色を見ていたのでしょうか。
明治校舎
明治校舎

見学後は校内にあるカフェで一休みです。
明治校舎カフェ

明治校舎の裏山には諏訪神社があります。戦国時代の館跡でもあり土塁を確認することができます。
諏訪神社

こちらは蚕神です。
諏訪神社

お次は大正校舎ですが、団体の事前予約が必要と書いてあったので、景観だけ撮影しました。
大正校舎

最後は昭和校舎です。こちらは地元のものを売っていて、レストランやお風呂が併設されており、宿泊も可能です。
昭和校舎

見学後は、JR清里駅まで戻り、宿泊先へと向かいます。
JR清里駅前
JR清里駅前

宿泊先では屋上で星空を見ることができました。こちらは早朝の富士山です。
富士山

朝食後、周辺をお散歩して少しまったりしてから出発です。
周辺散策路

スポンサーサイト

江戸東京たてもの園

リハビリを兼ねて、東京都小金井市にある江戸東京たてもの園に出掛けてきました。ここには以前、学生時代に訪れたことがある武蔵野郷土館がありました。都立小金井公園に隣接していて、天気の良い日にはお散歩するのに最適です(2018年11月撮影)。

今回はあまり長く歩けないので、ゆっくりと園内を見学することはできませんでしたが、良いお散歩日和でした。
江戸東京たてもの園

新宿区信濃町にあった建築家デ・ラランデ邸です。
デ・ラランデ邸

港区赤坂にあった、かの高橋是清邸です。
高橋是清邸
高橋是清邸

私はこの通り沿いにある建物が気に入りました。
下町中通り

千代田区神田にあった文具店武居三省堂です。
武居三省堂
武居三省堂

青梅市にあった万徳旅館です。
万徳旅館
万徳旅館

足立区にあった子宝湯です。1929(昭和4)年開業。
子宝湯
子宝湯
子宝湯

園内には建物だけでなく、古墳の石室も復元されています。こちらは大田区田園調布に所在する多摩川台古墳群中の1基です。羨道と玄室との区別は明瞭ですが、石室の高さがなく形骸化しています。
多摩川台8号墳石室

あきる野市に所在する瀬戸岡古墳群中の1基です。羨道と玄室との区別はなくなり、わずかに側壁の一部が膨らんでいます。横穴式石室ではなく、形骸化した竪穴式の石室です。
瀬戸岡1号墳石室

帰り道、園内の歩道をよく見ると煉瓦が並べられていました。
煉瓦



吉見百穴

吉見百穴は埼玉県比企郡吉見町に所在します。丘陵の斜面に掘り込まれた横穴墓群で、整備されているため草木にからまれることなく、見学することができます(笑)。

横穴墓群の遠景です。これだけあると圧巻です。古い写真のスキャンなので、少し色あせています(1994年4月撮影)。
吉見百穴横穴墓群遠景

明治年間に坪井正五郎氏によって発掘され、横穴をお墓ではなく、コロポックルの住居とする穴居論争が行われたことで学史的にも有名です。
吉見百穴横穴墓群
吉見百穴横穴墓群
吉見百穴横穴墓群

内部は玄室に遺体を安置する棺座を造り出しているものとないものとがあり、棺座も片側だけにあるもの、両側にあるものなどに分類されます。この横穴墓には排水のための溝が掘り込まれています。
吉見百穴横穴墓群
玄室内部から撮影したものです。
吉見百穴横穴墓群玄室より

別の横穴墓ですが、玄室の両側に棺座が造り出されています。
吉見百穴横穴墓群棺座
吉見百穴横穴墓群棺座

玄室に棺座がないタイプ(無棺座)の横穴墓です。
吉見百穴横穴墓群

横穴墓群がある丘陵頂部から撮影した風景です。
吉見百穴横穴墓群

吉見百穴とその周辺には、戦時中、航空機の部品を製造するための軍需工場が作られ、その一部を見学することもできます。
地下軍需工場跡
地下軍需工場跡

周辺には明治から大正年間にかけて作られた岩窟ホテルや岩室観音堂もあり、見どころ満載です。時間があれば、またゆっくりと行きたいところです。
岩窟ホテル
岩室観音堂
岩室観音堂

さいたま市の古墳

予約投稿です。

今回はさいたま市に所在する新明神社古墳と本杢(ほんもく)古墳のご紹介です。

神明神社古墳は直径約33mを測る円墳です。名前の通り、墳丘の傍らに神社があります。古墳と神社の関係は墳丘上に神社がある例が多いように思いますが、ここでは墳丘下にあり、古墳は本殿のような位置にあります(2016年10月撮影)。

古墳の眼下に川が流れています。
新明神社古墳

神明神社です。
新明神社古墳
新明神社古墳
新明神社古墳

神社の後方は公園になっており、古墳が保存されています。
新明神社古墳

墳丘から見た風景です。
新明神社古墳

次は本杢古墳です。古墳のすぐそばまで道路が迫っており、周囲は削平されています。
本杢古墳

円墳と考えられていましたが、平成年間の発掘調査により一辺約20m以上を測る方墳であることが明らかにされています。
本杢古墳
本杢古墳
本杢古墳

塚山古墳

塚山古墳はさいたま市に所在します。さいたま市は2001(平成13)年に旧浦和市、大宮市、与野市が合併して生まれた市ですが、私はそれぞれの旧市名の方がしっくりします。

塚山古墳は大久保古墳群の中の1基です。これまでのところ古墳群の中では唯一の前方後円墳ですが、明治年間に前方部が削平され、現在では直径約35mを測る後円部が個人宅の敷地内に遺されています(2016年10月撮影)。
塚山古墳遠景

近年では前方後方墳の可能性も指摘されています。
塚山古墳
プロフィール

kame-naoki

Author:kame-naoki
カメさんと遺跡巡りが趣味のおじさんです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
にほんブログ村
フリーエリア
リンク